« 感謝。 | トップページ | 原型師 新宿バージョンを語る »

2012年8月 1日 (水)

酒井ゆうじ解説/新宿と北海道

電話予約受付初日の昨日はお電話が大変混み合いご迷惑をおかけしました。
本日からは繋がりやすくなると思われますので引き続きお電話での予約を承ります。

電話予約受付/午前11時〜午後7時 土日祝休み
(電話番号は月刊Hobby Japanの巻末に記載しています。)

ワンフェスでギドゴジの北海道バージョンと新宿バージョンの違いについての質問がありました。
そこで本日は、原型師本人に映画「ゴジラVSキングギドラ」劇中でのゴジラスーツの違いを解説して貰う事にしました。

酒井ゆうじ解説
 『映画「ゴジラVSキングギドラ」で使用されたゴジラスーツは、頭部(首から上)はVSシリーズのゴジラの型からギドゴジ用に抜かれ新造形しましたが、ボディは「ゴジラVSビオランテ」で使用したビオゴジスーツの首から上を切り取って流用されたと言われています。
 ギドゴジの北海道のシーンではビオゴジの水中シーン用のスーツ(海ゴジ)が使われ、新宿のシーンではビオゴジの陸上シーン用のスーツ(陸<おか>ゴジ)が使用されました。映画「ゴジラVSビオランテ」で酷使されまた修復を加えられたりした結果、映画「ゴジラvsキングギドラ」では北海道ゴジラ・新宿ゴジラそれぞれがかなり違った個性を持つ全く別のゴジラとなりました。


30
新作 30cmギドゴジ新宿バージョン 税込41,475円送料別 予約受付中
レジンキット(完成品ではありません) 
TM&©1991,2012TOHO CO.,LTD.
Photo_3
前作 30cmギドゴジー北海道バージョンー 完売
TM&©1991,2012TOHO CO.,LTD.

 多くの資料を基に造った作品の写真を比較してみると同じ親(型)から生まれたとは思えないほど違う顔です。
 表情は北海道のギドゴジは恐ろしく、新宿は丸みがありハンサムです。
 北海道ギドゴジの背びれは全体に付き位置が下がっており胸の肉が盛り上がっているのは修復を加えたからだと思います。
 新宿のギドゴジの喉のモールドは劣化と修復で潰れてなくなっています。

 北海道ギドゴジは頭頂部が尖っているのに対し新宿は丸みがあります。
 映画撮影時、通常ゴジラスーツは頭から吊り下げられて待機しているので北海道ギドゴジに限って尖りが顕著に出たのはビオゴジとして水中で活躍した海ゴジスーツが水を吸って重かったのか、それとも単に頭頂一点に重みがかかったせいなのか今となっては知る由もありません。

 印象が違って見えるもう一つの要因は上唇です。 
 北海道は上唇が薄く冷徹で凶暴な顔をしています。 
 新宿のギドゴジは鼻から下の距離が長く歯の位置が北海道より下がっています。
 丸みを帯びているのが動物的で私には愛らしく思えます。

Photo_8
新作 30cmギドゴジ新宿バージョン 税込41,475円送料別 予約受付中
レジンキット(完成品ではありません) 
TM&©1991,2012TOHO CO.,LTD.

Photo_9
前作 30cmギドゴジー北海道バージョンー 完売
TM&©1991,2012TOHO CO.,LTD.


 次にボディのシルエットですが、大きな違いは腿の肉のつき方です。
 新宿バージョンの腿は北海道に比べて筋肉が締まり丸みを帯びていますが肩はなで肩で北海道の肩のほうが筋肉質です。

このようにギドゴジ新宿バージョンはビオゴジ(陸<おか>ゴジ)の遺伝子を受け継いだゴジラであり私にとっていつか必ずと長年思い続けたかっこいい、紛れもなくもう一つのギドゴジなのです。』


明日は、新作30cm ギドゴジ新宿バージョンに対するそんな原型師さんの熱い想いを語って貰おうと思います。お楽しみに。

写真は酒井ゆうじによる完成品です。
文章・写真の無断転用を禁じます。©酒井ゆうじ造型工房


|

« 感謝。 | トップページ | 原型師 新宿バージョンを語る »

作品 30cmギドゴジ新宿バージョン」カテゴリの記事

作品30cmギドゴジ<北海道バージョン>」カテゴリの記事

酒井ゆうじ解説」カテゴリの記事

コメント

wfでつい浮気してしまいました。
後悔してももうお金がありましぇん。
ばかでごめんなさい。

投稿: ポー | 2012年8月 1日 (水) 13時15分

実はそんなに違いがあるとは知りませんで今回は購入を迷っていた背中を原型師さんがドーン!と押してくれました。はい、本日予約させて頂きました。ボーナスもちょい出たしオレだって日々頑張ってるんだい半年に一度の楽しみがあっていいだろヨメさんよー

投稿: sin | 2012年8月 1日 (水) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感謝。 | トップページ | 原型師 新宿バージョンを語る »